出会い系サイトを改めて使ってみる

みなさんは出会い系サイトをどのようなものとして認識していますか。
出会い系サイトは、私にとって人生の転換ポイントのような存在でした。
恋に臆病な私が、初めて恋愛を経験することができ、失恋も味わった、そんな甘酸っぱい思い出を作ってくれた場所なのです。

当時はもの凄く楽しくて、悲しくて、とにかく色々な感情を起こさせてくれたことを覚えています。
30代を目前に控えて少し大人に近づいてきた私は、今一度出会い系サイトを利用してみることにしました。

「昔の私はメールが来ただけで嬉しくてしょうがないくらい喜んでいて、本当に純粋だったな」と思い出しては懐かしい思いに耽りました。
もちろん、今の私も新しい何かを求めて出会い系を再び始めたのですから、若かったあの頃にも負けないくらいの熱意を持って真剣に出会いを探していました。

けれども、昔と違うのは私の年齢でした。
あのころはまだまだ若く、年齢だけでも十分に相手の興味を引き寄せることができていました。
しかし、今の私の年齢では少し遅いのかもしれません。

とはいえ、私は年齢を詐称する気は全くありませんでした。
もともと嘘をつくのが嫌いでしたし、今回は本当に結婚というものを意識していたからです。
そして何より、30歳目前の私を、ありのまま受け入れてくれるような相手を求めていたのです。

要求が多すぎると言われてしまうかもしれませんが、自分の人生がかかっているのですから妥協はしたくなかったのです。
そして、私は信じていたのです。
自分の運命は自分で変えられる筈だ、と。

もう一度出会い系サイトをやり始めた私ですが、やはり昔のようにたくさんの人からもてはやされるというようなことはありませんでした。
その上、今やSNSが流行しているせいもあって、出会い系を利用する人口も昔に比べると減ってしまったように思います。
とはいえ、現に私のように純粋に出会いを求めている人にとってはこういった場所が必要なのは事実です。

とりあえずは、あきらめずに地道に相手を探していこうという方針でいくことにしました。
最初は何となく自分に合いそうな人を選んでメールを交わしてみて、そこで印象を確かめました。
数人そういったことを繰り返してみたのですが、しっくりくる人はまだ現れませんでした。

けれども、出会い系を利用するにあたってはやはり自分の熱意をなくしてはならないと分かっていたので、相手探しをするときはいつでも真剣に向き合っていました。
ある日私はどちらかというと同年代か、少し上の年齢の人を好んで選んでいる傾向があるということに気づきました。
これはどうしてだろうと考えてみると、やはり自分の年齢を気にしているからなのではないかというのが一番初めに思い当たったことでした。

自分のようなおばさんを受け入れてもらうには、若い子じゃ無理だろうと自然に考えていたみたいでした。
しかし、もしかすると若い子でも受け入れてくれる人がいるかもしれない、そう思った私は今まで意識していなかった若い年齢の人にもメールを送ってみることにしました。